儀式

-何気ない光景-

「あきちゃん、夕ご飯よ」
「ねえ、ママ、金庫の中にこんなものがあったわ」
「勝手に開けちゃだめでしょ」
「だってかぎがかかってなかったからつい見たくなっちゃって」
「いけない子ね」

ママは笑顔でちょっとだけ口をとがらせてみせる。
あきの両手の平の上には透明なガラスの箱。
中には小ぶりのメロンほどの球体。

「これ、何?」
「そうね、じゃ、お部屋のカーテンを全部閉めて」
「ええ」
「いくわよ」

ママは部屋の明かりを消す。
真っ暗な闇の中に光を放ち浮かび上がる球体。

「わーきれい!!」
「きれいでしよ」
「キラキラ光って、いろんな色が見えるわ」
「青も白も緑もあるわね」
「これ、何色っていうのかな」
「るり色っていうのよ」
「ねえママ、これあたし持っていたい」
「だめだめ、とってもデリケートにできているんだから、やさしく持たないとつぶれちゃうわ」
「これ、何なのかしら」
「お守りみたいなものね、どこの家にもひとつあるのよ」


-国際気象研究所-

「所長、数値がますます悪くなっています」
「どんな感じだ?」
「PM2.5の増加が著しいです、半年前と比べてもほぼ倍の値です」
「そうか、まずいな」
「もはや人類の命を直接脅かしかねない状況です」
「大規模な森林伐採、原発の事故による放射能汚染、有害な噴煙の撒き散らし、そりゃそうもなるさ」
「国際会議であれだけ現状を伝えたのに・・」
「直接口にはしないが、結局はどの国も工業発展を手放せないんだよ」
「環境は大切・・でも自分の国は規制されたくない」ってことですか。
「そんなとこだな」


-ちょっとした出来事-

「ねえママ、あの金庫の中のボール見ていい?」
「そうね、じゃママと一緒に見ましょうか」

あきの両手の平の上には透明なガラスの箱
中には小ぶりのメロンほどの球体。

「じゃあ、灯りを消すわよ」
「ええ」

部屋の中は真っ暗な闇に・・あきとママの声だけが響く。

「ママこの色・・」
「あら、ほんと」
「茶色くて、全然きれいじゃないわ」
「しばらく見ない間にずいぶんよごれちゃったわね」
「しばらくって・・この間見てからまだ1週間くらいよ」
「そうね、ちょっと早すぎるわね」
「つまらないわ」
「残念だったわね」
「ママ、これどうすればいいの?」
「新しいものをいただくには儀式があるのよ」
「儀式って?」
「取り出して暗闇の中で落とすの」

「割れちゃうの?」
「割れちゃうの!」

「あき、やってみてもいい?」
「・・いいわ、じゃあ、あきにお願いしようかしら」
「うん!」


- 天体観測の夜-

「めっきり星が見えなくなったな」
「ああ、街の中からはスモッグで全滅だ」
「でも、こうして山の上まで来るとさすがにきれいだ」

二人の男は星空を見上げながら目を細めた。
その時星空のかなたからかすかに声が聞こえたような・・

「・・いいわ、じゃあ、あきにお願いしようかしら」
「うん!」

次の瞬間
天を包み込むような巨大な物体

「おい!あれは何だ!!」
「指・・人・・人間の手の平じゃないか!!」

「じゃあ 落とすわね・・1・2・3・・!」


大音響

やがて暗闇

静寂・・




地球

赤い地球






※ 作品の画像の中には自分で撮影したもの以外にネット上からお借りしたものがあります、問題があればご指摘ください、削除したします。












関連記事
.17 2014 小説 comment8 trackback0

comment

尾道貴志
miss.key 様

よろしくお願いします(^^)
2014.07.22 01:12
miss.key
こんにちは。今気が付きましたが、リンクしてくださっていたのですね。ありがとうございます。私の方もリンクさせて頂きますね。
2014.07.21 21:16
尾道貴志
Sha-La さんへ

だいぶ、お身体の様子がよさそうですね、安心しました。

Sha-La さんの作品を見習いつつ「手品師」か「魔術師」をモチーフに作品のアイデアを練っているのですが、まだ「種」の段階です(^^)
どうやって発芽させようか思案中です。

長編を読むのって確かにエネルギーが要りますよね、私も一編長編を書いているのですが、こちらは文学賞に応募しようと思いブログでは未発表です(たいていは落選した後、ブログで連載になります(^^)・・落選歴多数)

一週間に800字程度とカメさんペースなのですが、自分の作品が仕上がっていくのは自己満足ながら楽しいものです。

文学賞の投稿などのご経験はありますか?

お互いに頑張っていい作品を創っていきましょう!
2014.07.17 22:24
尾道貴志
miss.key さんへ

社会派のコメントに拍手です。
我々(一緒にしては失礼かも)の青年時代、日本の公害は本当に深刻でした。水俣病にイタイイタイ病、四日市ぜんそくに光化学スモック、今の中国の様子を見ると当時の日本を思い出します。
ウルトラマン世代の私ですが公害をモチーフにした怪獣がよく描かれていました。最近話題のゴジラにも「ヘドラ」というヘドロからできた怪獣が登場します(ちなみにこの作品の中でゴジラが口から放射能を吐きながら後ろ向きに飛ぶというシュールな場面が登場します、ご存じでなければぜひ!YouTubeで見られるかなぁ?)
川内原発再稼働に向けていきそうですね。
私は頭ごなしに完全反対ではないのですが、福島のことを考えるとやはり心配です。
コメントありがとうございました(^^)
2014.07.17 22:06
尾道貴志
ユズキさんへ

こんばんは。
いつも読んでいただき、そして毎回の励ましのコメント感謝しています。

仕事も忙しく、なかなかアイデアが浮かばなかったんですが、久しぶりに休みが取れて温泉に行ったんです。露天風呂につかりながら、出たり入ったり・・2時間くらいボケーっとするという何とも幸せで贅沢な時間が!

というわけで、このお話も「露天風呂発」というお話なのです(^^)
温泉ってアイデアを産んでくれる成分でもあるのでしょうか、いや、きっとリラックスした頭と心がその理由でしょうね。

このほかに2つほどアイデアが浮かんだのですが、現在熟成中です(^^)
いい具合に発酵してきたら載せのすので、読んでいただき、またご批評ください。

梅雨明けも間近ですね・・

お身体に気を付けて、素敵なファンタジーを「少しずつ」書き続けていってください(^^)
2014.07.17 21:50
Sha-La
瑠璃色の闇に輝き浮かぶ綺麗な球体…。
なんだろう、不思議なものだな…。
と思って読み進めていくと…!
そう来ましたか!
ゾクッと来ました。

最近、ようやく、長編を読める脳みそに戻ってきたんですが
ショートショートもやっぱりいいですね!

良作を拝読させていただき、ありがとうございました!
2014.07.17 21:22
miss.key
 遊星爆弾でも落としたんでしょうか。見事に荒れ星。
 こんにちは。あれだけ騒いでいた温暖化の話もめっきり減りました。PM2で隣国は深刻な状態。それが日本にも来ていまして迷惑千万。いやいや、日本も原発事故やらかして人の事言えません。ほんの数年前、原発はクリーンエネルギーだなんぞとのたまっていた「識者」の妄言に呆れ返っていたのですが、例の事故でひっくり返って、これで懲りたかと思いきや、またぞろ川内原発再稼働がかまびすしい。人間てどこまでアホなんでしょうね。そのアホの一人として、あきちゃんぶらぼー。
2014.07.17 08:13
ユズキ
尾道さんこんばんわ(*´∀`*)新作待ってました!

何気ない母子の風景をイメージしていって、ほんとうに徐々に「ん?」という気分が、だんだんと「・・え」となってラストにつながっていくこの流れが、とても面白いです。

衝撃の事実とともに、世界が><! そんなラストも面白かったです(^ω^)

あきちゃんとママの正体とは!?
色々とイメージも膨らませながら読ませていただきました。

いつも面白いお話ありがとうございます。どんどん暑い日が続くようになってきましたが、次回作も楽しみにしております(*´∀`*)
2014.07.17 01:22

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://garakutakan2012.blog.fc2.com/tb.php/63-552ee45e

訪問者

来店中

現在の閲覧者数:

アルファポリス

投票ありがとう!

クリックありがとう

新着記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

星新一に出会う

オススメ  SFファンタジー

おすすめDVD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧