出発

 「ねえ、パパ、地球って丸いの?」

 「そうだよ、ユタ、地球は丸いんだ」

 「ふーん」

 「どうしてだい?」

 「うん、これ!」

 「なるほど・・地球儀か」

 「でも、この下にいる人たちは落っこちちゃうよ」

 「はは、大丈夫、地球には引力っていうのがあって、落ちたりすることはないんだよ、それに地球には『上』も『下』もないのさ」

 「ふーん」


 その時・・晴れた空で「カチッ」という大きな音が響いた

 次の瞬間・・

 日本中のすべての人々が大空に向けてゆっくりと舞い上がっていった!

 「パパ!やっぱりぼくたちの日本は『うえ』にあるんだね・・」

 空中を泳ぐ少年の手にはきっと・・

 「引力解除装置」





地球



※ 作品の画像の中には自分で撮影したもの以外にネット上からお借りしたものがあります、問題があればご指摘ください、削除したします。






関連記事
.06 2017 小説 comment4 trackback0

comment

尾道貴志
miss.key 様

お返事が遅くなり申し訳ありません。
コメントありがとうございました。

このところ全く書けないんです。

ちょっぴり悩んでいます・・

プロじゃないからいいといえばいいんですけど、書くのが楽しくなくなるのはやだななんて思ったりして・・

あっ・・愚痴になっちゃった・・すみません(^^)
2017.04.04 22:51
miss.key
 野暮を承知で。
 引力と言う引っ張る力は実は存在しないのであります。質量は空間を歪めますが、歪んだ穴に落ち込んでいるのが引力の正体です。つまり、引力と言うロープは存在しないのですな。ですからそれを「遮断」するには空間の歪みを修正しなければならない訳で、まあ、質量がそこに存在する限り無理なのであります。

 空を自由に飛びたいな♪
ドラえもん「無理だよ」
 あんあんあんとっても意地悪ドラえもん♪

 ところで宇宙が膨張するのはビックバンによるものと言われています。が、膨張のスピードはむしろ上がっているとか。ド素人のわたくしは恒星から生れるエネルギーが空間膨張を後押ししているのではないかと思っております。しかし何れ恒星の核融合も終焉の時が来ます。その時、空間を膨張させる推進力は失われ、質量の生み出す空間の歪みの穴に落ち込んでいくと考えております。そして最後はまた一点に集約され、その反動で再びビッグバンが起こる。宇宙はその繰り返しなんじゃなかろうかと思っております。
 
2017.04.02 20:16
尾道貴志
sado jo さんへ

勉強になりました(^^)
そうなんですね!
宇宙の果ては永遠のロマンですね。

果ての先には何があるのか・・

そして、ビッグバンの前には何があったのか・・

生きている間に知りたいですね(^^)

2017.03.08 01:07
sado jo
現実には引力(重力)を遮断すると、地球の自転による遠心力によって物体は四方八方に飛ばされます。
その上、慣性の法則が働いて宇宙の果てまで加速して行きます…まぁ、行ってみたい願望もありますが(笑)
今の宇宙が膨張してるのは、中心部分の引力がない…もしくは弱くなっているからだと言われてますね^^
2017.03.06 20:18

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://garakutakan2012.blog.fc2.com/tb.php/108-ed51f35f

新発売!

Kindle版

訪問者

来店中

現在の閲覧者数:

アルファポリス

投票ありがとう!

クリックありがとう

新着記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

星新一に出会う

オススメ  SFファンタジー

おすすめDVD

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧